悲喜こもごも 認知症介護の体験談

生きるものすべてが年をとり、高齢となります。介護を受ける人もたくさんいるはずです。理想の介護とは何でしょうか。

理想の介護とはどんなものか

すべての人が時間と共に、年をとり高齢となっていきます。私たち若者もいずれは高齢者となります。現代の日本は超高齢化社会と言われるほど、高齢者が多く存在しています。その中で生きていくために、介護を必要としなければならない方たちも多くいます。ここで理想的な介護とは何なのかを考えていきます。介護にも種類があります。まず認知症やアルツハイマー病といった頭の病気に対する介護です。

次に、何らかの原因で体に不自由がある人たちに対する介護です。もの凄くざっくり分けるとこの2つだと思います。年をとると、どうしてもこの2つは素通りできないと思います。健康でいらっしゃる方も多くいますが、当然全員が健康というわけではありません。介護は1人1人に合った介護をしなければならないので、とても大変です。施設に入居させて介護を受けたり、自宅に介護士を呼んで介護してもらったりなど自宅と施設、2つの場所で介護を受けることが出来ます。介護士を頼まず、家族が介護するパターンもあります。

理想の介護を行うにあたって、一番の問題点があります。それは、介護をする人が少ないという事です。社会福祉士や介護福祉士などの資格を持った人はそれほど多くいません。さらに介護の仕事をしようとする若者も減っているので、尚更福祉人口が減っているのです。理想の介護をするには、まず若者に福祉の事・介護の事をもっと多く知ってもらうことが重要であると感じています。そして福祉・介護の大切さを理解してもらい、高齢者たちの助けになるように頑張ってもらいたいと思います。

注目度がUPしている介護について、このwebサイトがイチオシです