悲喜こもごも 認知症介護の体験談

少子高齢化で介護を必要とするお年寄りが増えてきています。肉親を介護するには施設などを利用することが大切です。

うまく介護を行う方法。

日本では少子高齢化が進み高齢者の人口に占める割合は年々増加してきています。それに伴い高齢者の介護をどのように行っていくかが活発に議論されています。単純に介護といっても、必要な介護はお年寄り一人一人ことなり一元的に問題を捉えることができない点が、問題を難しくしていると感じます。またお年寄りの子供など介護者にかかる負担は想像以上に大きくいくつかに分かれているのが実態です。

介護は基本的には長距離走です。どれだけ長く介護する側が重要な要素であると言えます。その為、良い意味での手抜きは必ず必要になってきます。具体的な例を挙げると、デイケアなどの施設を利用したり、介護用品などの道具を利用したする方法です。経済的な事情があるので100%理想通りに利用する事は困難かもしれませんが、できる限り利用することで介護者の負担を軽減させることはできます。このような手抜きは介護する側の負担を考えると必ず必要なことだと思います。しかし実際の介護では、親やその他の肉親の介護において、手抜きをすることに罪悪感を覚える介護者の方が大半で、色々な補助を利用する事に消極的な方も少なくありません。

しかし、介護において一番大切なことはいかに多くの時間笑顔で過ごせるかだと思います。介護する側の笑顔がなくなれば、介護される側の笑顔もなくなるのは容易に想像できます。手抜きと言われれば罪悪感を感じるかもしれませんが、お互いに間をとることも長期戦では必要不可欠です。

注目度がUPしている介護について、このwebサイトがイチオシです