悲喜こもごも 認知症介護の体験談

地方にはサービスがとても良くて、入所一時金が無く、利用料金がとても安い、良心的な民間の介護施設があります。

安くて良心的な民間の介護施設

地方には、安くてとても良い民間の介護施設があります。認知症の父が入所していた民間の介護施設は、入所一時金が無く、利用料は信じられないほど安い料金でしたが、サービスはとても良かったです。父が入所していたのは、住宅型老人ホームでした。

住宅型老人ホームといっても、スタッフが常駐していたので介護付き老人ホームとあまりかわらなかったと思います。掃除や洗濯などは常駐しているスタッフの方がしてくださるので、介護保険は介護のみに使われていました。住宅型老人ホームの場合、一番気になるのが介護保険の超過だと思います。この施設では最初の説明で、今までに超過した人は一人もいないと聞いていたので安心でした。

父は要介護4でしたが、この介護施設に支払った金額は、1か月分で12万円を超えたことはありませんでした。最初の請求書がきた時は、あまりにも安くてとても驚きました。しかもサービスはとても良くて、家族が全く行かなくてもほとんど問題がないくらい何もかもやってもらえました。入院した時は別ですが、それ以外のことは全て親切に対処してもらえました。主治医の先生の病院へ行く時は、病院の中での付き添いまで対応してもらいました。これは介護保険とは別料金ですが、別料金や入院時以外の医療費を全て加えても1か月分で12万円以下でした。施設は古い建物でしたが、家庭的な感じで父はとても気に入っているようでした。特養の順番がきて引っ越す時には、父は、何処にも行かない、と言って少し怒っていました。それだけ居心地の良い場所だったのだと思います。この施設はネットの介護ナビには掲載されていませんでした。県のホームページで、認可を受けた介護施設の一覧から探しました。安くても良心的でとても良い施設は少なくないと思います。費用等の理由で施設入所を諦めている家族の方も多いと思いますが、いろいろな方法で探してみた方がいいと思います。

注目度がUPしている介護について、このwebサイトがイチオシです